車の窓が閉まらない

車の窓が閉まらない!対処法や応急処置の方法はこれ!修理代は?

車の窓が閉まらない!突然そんな状況になったら本当に困りますよね…。

 

夏の暑い日、我が家の車の窓も突然閉まらなくなりました。
家族で公園に行く前にマクドナルドでドライブスルー♪

 

注文して商品を受け取り、窓を閉めようとするんですけど「あれ!?閉まらない!!」とパニックに。

 

助手席に乗っていた主人に「パワーウィンドウのチャイルドロックが掛かってるんじゃないの?」と言われ見てみるけれど、原因はこれではありません。

 

これ、完全に車の窓の故障です…。

 

なんとか閉める方法はないものかと、ネットで対処法や応急処置の方法を調べました。

 

すると一つだけ、車の窓を閉める方法が分かりました。

 

 

それは…

 

手で窓を引き上げて、ガムテープで固定するというもの。

 

えー!根本的な対処法ではないじゃん!と思いながらも、真夏の暑い車内。

 

窓全開ではエアコンも効かないし、何とか窓を閉めたい!ということで、近くのコンビニでガムテープを買って無理やり閉めることが出来ました。

 

とはいえ、この対処法はやはり一時しのぎのものでしかありません。
やっぱり修理するべきだよなぁと思い、公園帰りにかる〜い気持ちでディーラーに持っていきました。

 

車の窓の故障だし、そんなに高くはないだろうと思っていたんですけどね…。
修理代の見積金額を見て夫婦でビックリ!!

 

部品代と工賃など色々合わせて4万円もしたんです!

 

えー!車の窓が閉まらないってだけで、4万円も払わないといけないの??
正直、一万円も掛からないと思ってました(-_-;)

 

あまりにも高いし、その日は手持ちのお金も無かったので修理を頼むことが出来ず、ガムテープを張ったまま帰りましたよ。

 

もうちょっと安くで修理できないかなぁ?もしかしたら自分で修理できるかも??とネットで色々調べている中で、ある面白い記事を読んだんです。

 

色々書いてあったのですが、内容をまとめて簡単に言うと「高い車の修理代を払う位なら、その車を売った方が得になる!」という感じです。

 

え?車を売るってどういうこと??ってなりますよね。
でも読み進んでいくときっと納得できますよ。

 

我が家の愛車は日産のセレナなのですが、長女が生まれる前に購入したものなのでかれこれ9年くらい乗っています。

 

これまでセレナは大きな故障もなく乗り続けて来ましたが、今回の車の窓が閉まらないという故障を皮切りにして、他にもスライドドアとか、ひどい時はエンジンの故障やトラブルが出てくる可能性が十分に考えられます。

 

故障をする度に、高い修理代金を払い続けていたらどうなるでしょう?
もしかしたら修理代金を全部合わせると、新しい車を購入することが出来ちゃうかもしれません。

 

それならば!!

 

高い修理代金を繰り返し払うよりも、修理代を払っていない今、その車を売ることにして、車を売却したお金を新しい車の購入代金の足しにした方が絶対に得をする!!という事なんです。

 

なるほどな〜!と思いませんか?
そんな考えは全くなかったので、まさに目から鱗です。

 

そこで私はふと気になりました。
我が家のセレナ、今売るならどの位の金額で売れるのかが…。

 

早速ネットで相場を調べてみることに。

 

最近は便利なサービスがあるんですね!
私今回初めて知ったんですけど、ネット上で簡単に車の一括査定をしてくれるんですよ。

 

私が今回利用した一括査定はもちろん無料だったし、「車種名」や「走行距離」などの簡単な項目を入力するだけで現在の車の売却金額が一括で分かるという優れもの!!

 

一社ではなく、数社の査定金額が一括で分かるので、それぞれの査定金額を比較することが出来るんですよ。

 

それを見て、自分が売りたい買取業者に売ればいいし、もしどれにも納得がいかなければ売らなければ良いだけの話し。

 

それならばハードルは低い…と思い、私も査定をしてみました。

 

週末位しか車を使用しない我が家なので走行距離は少なかったのですが、9年以上乗っているセレナです。

 

30万円いけば良い位かな?と考えていました。

 

 

私、考えが甘かったです…。
いや、良い意味で。

 

実際に提示された金額…110万円でした!!
まさかの100万円越えで本当に驚きましたよ。

 

ここまで高額な査定金額が出るとは思ってもいませんでしたね。
これを頭金にして新車に買いなおすことだって出来ますよ!!

 

しかし不思議です。
古い車なのになんでこんなに高い金額で買い取ってくれるのでしょう??

 

検索するとすぐに答えが出ました。

 

日本車ってすごく性能が良いので、日本の中古車は海外ですごく人気があるそうなんです。

 

日本でこうして買い取られていった車の多くは、海外で販売されるんだとか。
こういった理由から、古い年式の中古車でも高額で買い取ってもらえるんです。

 

4万円払って車の窓を修理するのか、セレナを110万円で売ってしまって新しい車を買うのか。

 

ほとんど迷うことなく我が家は、車の買い替えを決断したのは言うまでもありません。

 

もし、現在車の窓が閉まらない…と困っている方がいたら、修理を検討する前に、今の自分の車の売却金額を調べてみてください。

 

入力も簡単で数十秒で終わるし、私のように、思ってもいないような高額な査定金額が出る人も多いようですよ。

 

査定は無料だし、査定したからと言って絶対に売らないといけない!ということはないので、調べてみて損はないですよ♪

 

→無料で愛車の査定額を調べるならこちらから>>